九州自動車道の特徴と路線図、IC、JCT、PA、料金所

2019年5月29日




九州自動車道の特徴

九州自動車道の特徴は、九州の地形でお分かりのように山が非常に多いので急カーブやトンネルが非常に多く見られます。
さらに、渓谷も多いので見晴らしがよく、天気のよい日や春の桜、秋の紅葉の時期のドライブには最高です。
また、首都圏の高速道路とは違って激しい渋滞はめったにありませんので、走りやすいのですが、カーブや傾斜が多いためについついスピードを出し過ぎて事故を起こす危険性があります。
特に、初心者の方は注意が必要です。
そして、どこの高速道路でもいえることですが、一般的には山中に道路が敷かれているので、冬場は凍結の可能性が十分にあります。
九州は日本の南に位置していますが、山間部は積雪がありますので、冬用タイヤやチェーンの装着が必要です。
積雪による通行止めも頻繁にありますので、高速道路情報を聞くことが大切です。

九州自動車道の料金

九州自動車道を利用すると、ETCなら様々な割引を受けることができます。全線が割引の対象になります。
NEXCO休日割引なら、軽自動車等では普通車限定で30%割引があります。
NEXCO0時から4時までの深夜割引なら、30%割引で全国の高速道路が該当し、利用距離の制限はありません。
主要区間の通常料金ですが、門司から福岡では1980円、小倉東から福岡では1620円です。
福岡から久留米なら1150円、福岡から熊本は2880円、福岡〜鹿児島間では6220円と距離が伸びると高くなります。
熊本〜鹿児島間は4270円、鹿児島県内の溝辺鹿児島空港〜鹿児島なら1070円と比較的安めです。
九州自動車道を安く利用するには、ETCを利用して深夜割引か休日割引で3割程度お得になりますので、ぜひETCの設置を忘れないようにしてください。

九州自動車道の路線図、IC、JCT、PA、料金所

高速道路ナンバリングによる路線番号は「E3」が割り振られています。

門司IC(JCT)関門橋 北九州4号線
新門司IC
吉志PA
小倉東IC 北九州1号線
北九州JCT 東九州自動車道
小倉南IC
八幡IC(JCT) 北九州4号線
鞍手IC
鞍手PA
宮田スマートIC
若宮IC
古賀SA
古賀IC
福岡IC(福岡県) 福岡都市高速4号粕屋線
須恵PA
須恵スマートIC
太宰府IC 福岡都市高速2号太宰府線
筑紫野IC
基山PA
鳥栖JCT 長崎自動車道 大分自動車道
久留米IC
広川IC(福岡県)
広川SA
八女IC
みやま柳川IC
山川PA
南関IC
玉名PA
菊水IC
植木IC
北熊本スマートIC
北熊本SA
熊本IC
託麻PA
益城熊本空港IC
嘉島JCT 九州中央自動車道
御船IC
緑川PA
城南スマートIC
松橋IC
宇城氷川スマートIC
宮原SA
八代IC
八代JCT 南九州自動車道
坂本PA
山江SA
人吉IC
えびのPA
えびのIC
えびのJCT 宮崎自動車道
吉松PA
栗野IC
横川IC
溝辺PA
溝辺鹿児島空港IC
加治木JCT 隼人道路
桜島スマートIC
桜島SA
姶良IC
薩摩吉田IC
鹿児島本線料金所
鹿児島北IC
鹿児島IC 指宿有料道路




高速道路

Posted by tabibi