山陽自動車道の特徴と料金

2018年9月29日




山陽自動車道の特徴

山陽自動車道は、1982年に開通し、1997年に全線開通しています。
中国自動車道と同様に中国地方への大動脈として多く活用している道路です。
山陽道は入念な設計が行われ、可能な限り100キロでの走行が可能ともなっています。
中国道よりも線幅が若干狭くなってはいますが、実用には困るものでは無いものであります。
線形は滑らかになっていて、中国方面へのスムーズな走行を可能です。
日常的に交通量は多く、サービスエリアも豊富になっています。
長時間のドライブでも休憩ポイントに困ることが無いようにパーキングエリアも多く備わり、快適なドライブを実現してくれます。
広島方面では国道の整備が不完全なところも多く、山陽自動車道を回避ルートに使うケースも珍しくはありません。
中国方面への最短ルートとして多くの方が利用をしています。

山陽自動車道の料金

山陽自動車道の料金は距離の割には低額になっているのも特徴です。
中国池田方面から広島へ向かうには、通常料金で7000円程度になっています。
深夜割引や休日割引を適用出来る制度もあり、時間帯によっては、低料金で利用を行なっていくことが可能です。深夜割引や休日割引を利用していく場合には、ETC車の場合には、平均して3割程度の料金割引を適用することが可能です。
遠方へも低料金でスムーズに走行出来る山陽自動車道は、業務上での利用も、プライベートでの利用にも最適になっています。
走行料金は随時変わっていく傾向があります。
出発前に自分なりに走行料金を調べていき、予算の範囲で目的地への到達を行なっていきましょう。
事前に目的地近辺の料金所番号を調べておくことで、目的地への最短ルートと料金を自分で調べておくのが良いでしょう。
山陽自動車道



高速道路

Posted by tabibi