新宿駅で迷わない秘訣は?構内図、待ち合わせ場所を確認しよう!

2019年3月7日




新宿駅で迷わない秘訣は?

複数の路線が乗り入れている新宿駅は、都内の駅の中でも迷いやすいとして有名です。
時間に間に合わせるためにも、迷わない秘訣を知っておきましょう。
その一つが、駅構内図を頭の中に入れておくことです。これは入り口やホーム、エレベーターなどの位置を図示したもので、色分けもされているためどのような構造になっているかがわかりやすくなっています。
JR東日本のホームページにアクセスするとこの図を確認できるので、出かける前に画像キャプチャするなどしておくと良いでしょう。
JR線に関してはコンコースから降りた位置にホームが設けられています。看板を一つずつ見ていけば、間違うことも防げるでしょう。
私鉄に関しては離れた位置にまとめられているので、それも意識しておくと万全です。

新宿駅の構内図

新宿駅の構内図は基本的に、改札口やコンコースがある上層と、電車が乗り入れるホームがある下層から成り立っています。
乗車したい時は階段を降りるようにし、迷ったときには上がって元の位置に戻るようにすると迷うのを防げます。
1つのホームに、路線の上りと下りが乗り入れているのもわかりやすい特徴です。
どちらがどの方向へ進むのかについては看板に記載されています。
注意すべきなのが中央線で、快速と各駅停車ではホームが異なります。
さらに中央本線特急のホームは別に設けられているため、似たような名称に惑わされることがないようにしましょう。
私鉄は小田急線や京王線などがあり、それぞれ改札口の先に専用のホームがあります。
改札口さえ間違えなければ安心です。