赤坂見附駅で迷わない秘訣は?構内図、待ち合わせ場所を確認しよう!

2019年3月7日




赤坂見附駅で迷わない秘訣は?

赤坂見附駅は東京都港区内にある東京メトロの駅ですが、東京メトロのなかでも銀座線と丸ノ内線のふたつの路線が乗り入れています。
実はそのほかにも東京メトロの有楽町線・半蔵門線・南北線が乗り入れている東京都千代田区の永田町駅とは改札内でそれぞれ相互に連絡していますので、駅名は違いますが、ほとんど同じ駅と考えてもよい状況です。
運賃計算の上からも赤坂見附駅と永田町駅とは同一の駅としての取り扱いを受けています。
そのため赤坂見附駅で迷わないようにするためには、駅名が異なるのに実質的には路線によって同じ駅扱いされているものが存在していることを把握しておくことと、乗ろうとしている路線名を今一度確認しておくことが必要です。

赤坂見附駅の構内図

赤坂見附駅の構内図に関してですが、東京メトロの公式ウェブサイトのなかから赤坂見附駅のページを開いて、構内図とあるタブをクリックすると、図面を見ることができます。
このなかには改札内で連絡している隣接の永田町駅の構内図まで一体となって含まれていますので、その点は留意しておくことが必要です。
それぞれのホームは階段とエレベーターでつながっていますので、位置関係が複雑になっています。
また構内図のなかにはいくつもの出口が書かれており、行きたい方面によってアルファベットと数字からなる番号が付けられていますので、覚えておくと安心です。
その他図面のなかにはバリアフリーになっている経路などもあわせて記載されています。