品川駅で迷わない秘訣は?構内図、待ち合わせ場所を確認しよう!

2019年3月7日





これから品川駅の構内図を参考に記事を書いていこうと思います。

品川駅の構内図

品川駅はJR東日本の在来線各線のほか、東海道新幹線や京浜急行電鉄が乗り入れるターミナル駅にあたります。
特にJRについては東海道線・京浜東北線・山手線・横須賀線の各線にわかれているため、それぞれプラットホームが異なっています。
品川駅の構内図が知りたい場合には、JR東日本などの公式ホームページを確認すればスムーズに情報を得られます。
図面があればプラットホームと改札口の位置関係などがわかります。
特に品川駅の場合には、東西をつなぐ長い自由通路があり、ここを中心に改札口が付属している構造ですので、基本を押さえればほかの駅よりもわかりやすいといえます。

品川駅で待ち合わせ場所

品川駅の待ち合わせ場所といえば、定番スポットになっているのがトライアングルクロックです。
これは文字通りの時計塔のようなものですが、自由通路のなかでも中央改札の目の前に位置しており、かなり目立つので待ち合わせ場所には最適です。もしも品川駅の改札に入ってからの待ち合わせであれば、水の音の広場とよばれる場所があります。
ここには大きな盆栽が中心に置かれた噴水がありますので、待ち合わせの場所に使えます。
ほかには電車のかたちをしためずらしい郵便ポストが東海道線を利用する場合のプラットホームに至る階段の近くにあります。