上野駅で迷わない秘訣は?構内図、待ち合わせ場所を確認しよう!

2019年3月29日





これから上野駅の構内図を参考に記事を書いていこうと思います。

上野駅の構内図

上野駅はJR線の各線のほか、東京メトロの日比谷線や銀座線も交差する、いわゆるターミナル駅にあたります。
そのため駅の構造としてはやや複雑になっていますので、迷わないようにあらかじめ構内図を確認しておくことがたいせつです。
たとえばJR東日本の公式ホームページを見ると、駅ごとの個別ページがありますので、ここから上野駅の構内図を閲覧することができるようになっています。
図面のなかには駅ビルのショッピングコーナーや車椅子でも使えるトイレやスロープ、エレベーターの情報など、さまざまなことがらが書き込まれています。

上野駅で待ち合わせ場所

上野駅は構内が広いものの、最近の定番となっている待ち合わせのスポットには翼の像があります。
正面玄関口からも近い位置にあるブロンズ像で目立ちますので、待ち合わせ場所にぴったりです。
ほかには上野駅のパンダ橋口の近くにはジャイアントパンダ像があります。
ここも遠くから目立つ場所ですので、特に駅を降りて上野動物園などに向かう場合の待ち合わせ場所としては適切です。
ほかに駅の改札の内側での待ち合わせであれば、中央改札の近くに三相の像とよばれるブロンズ像があります。
文字通り3人の人物がたたずんでいる姿で、目印として使えます。