大宮駅で迷わない秘訣は?構内図、待ち合わせ場所を確認しよう!

2019年3月7日





これから大宮駅の構内図を参考に記事を書いていこうと思います。

大宮駅の構内図

大宮駅はJR東日本・東武鉄道・埼玉新都市交通のそれぞれの鉄道が接続する駅で、埼玉県のなかでももっとも利用者が多くなっています。駅の構造そりものはそれほど複雑ではありませんが、あらかじめ構内図を確認しておくと迷わずに行動ができます。
大宮駅の構内図はJR東日本の公式ウェブサイトのなかに掲載されています。
このなかには改札や乗り場の位置をはじめとして、身障者用トイレやエレベーター、コインロッカー、ATMの位置などのさまざまな情報が盛り込まれています。PDFバージョンのものをパソコンなどにダウンロードしてオフラインで活用することも可能です。

大宮駅で待ち合わせ

大宮駅は東西連絡通路がリニューアルオープンしたため、以前とは若干さまざまな施設の位置関係が異なっているところがあります。
しかし駅構内で待ち合わせをする場合には、逆に待ち合わせに適当な場所が増えたともいえます。
伝統的に知られている大宮駅の待ち合わせ場所は通称でまめの木とよばれるモニュメントです。
銀色で天上に伸びる姿は特に目立つため、今も昔もよく利用されています。
ほかには西口イベントスペースの脇にある円形LEDディスプレイ、愛称で天空の光とよばれるところも新しい待ち合わせとしては適切です。まめの木は中央改札や東口に近いほうにありますので、逆方向が天空の光ということになります。