秋田中央交通の時刻表と路線図を攻略しよう!

2019年3月6日




秋田中央交通の時刻表

構成されている時刻表の中で通学路に設定されている時刻表がいくつか存在します。
まずは秋田駅西口7番線から発車している711新屋線で、新屋学校の通学時間に設定される午前8時30分に到着できるのは午前7時と午前7時20分の2本のみです。
これ以降になると到着が午前8時34分になる午前8時の発車しかなくなるため注意が必要です。
次に同じく秋田駅西口12番線から発車している手形山大学病院前行きは、始発の午前7時5分から30分おきに午後9時30分まであります。
到着時間は各出発時刻から17分が目安ですが、通勤通学の時間帯や一部人の動きが活発化する時刻で20分になる時間帯が存在します。
観光目的での利用になる時は145臨海営業所線がお勧めで、3番線から午前8時8分の始発で最終線が午後8時17分にあります。
ただし土日祝日は午前8時51分が始発になるので、時間変更に合わせた出発をお勧めします。

秋田中央交通の路線図

各路線を合計すると50近くの出発地点が存在しているのが秋田中央交通です。
路線図の内訳は山王商業高校のような生活を支える物から、県立プール線等レジャー目的に最適な物が豊富に揃っています。
尚航空路での移動を考える時は、リムジンバスの路線図も組み込まれているのでそちらの利用もお勧めです。
場所は秋田駅西口からであれば30分で秋田空港に到着できるので、合わせて参考にしてください。
さらに都心部への移動は秋田長崎屋前バスターミナルより、新宿駅南口行きの高速バスがあります。
移動の利便性ならば茨島環状線もお勧めで、目的地を考慮して茨島回りと大町回りから選択できます。
他にも泉八橋環状線等いくつかの巡回バスが運行しているので、目的に合わせた路線図が秋田中央交通の特徴でもあります。




バス

Posted by tabibi