新橋駅で迷わない秘訣は?構内図、待ち合わせ場所を確認しよう!

2019年3月7日





これから新橋駅の構内図を参考に記事を書いていこうと思います。

新橋駅の構内図

新橋駅はJR山手線の駅でビジネスマンが乗降する駅としても知られていますが、JRの他にも地下鉄の路線が多く乗り入れており地下通路が複雑になっているため事前に構内図を確認しないと非常に迷いやすいものとなっています。
特に連絡通路の距離が長いことから見落としてしまうことも多く、事前に構内図を十分に確認し、目印などをしっかりとチェックしておくことが重要です。
出口も複数あり、また連絡通路も地上を経由して連絡されている場合もあるため、構内図に置いて目的とする出口とその生き方を十分にチェックし、可能であれば構内図を見ながら移動することが望ましい方法となります。

新橋駅で待ち合わせ

新橋駅で待ち合わせをする場合には、待ち合わせ場所を明確に決めて伝えるようにすることが重要です。
一般的にJRの駅の場合出口が少ないため北口や南口といった簡単な表現をしてしまうことが多いのですが、新橋駅の場合にはその出口が複数存在するためどの出口であるのかを正式な名称で示すことが必要となります。
さらに駅の構内で待ち合わせをする場合には目印を指定することが多いのですが、駅構内が非常に広いためその目印となる場所に到達することが難しいことも少なくありません。
そのため待ち合わせ場所に対する順路も正確に示し、路線図などを使用して経路を示すことが良い方法です。