【JR東日本】常磐線の時刻表と路線図、停車駅を攻略しよう!

2019年3月15日




常磐線の時刻表

常磐線は、首都圏エリアの場合、平日の通勤時間帯は本数が多い傾向にありますが、地方にいくほど少ない傾向があります。
土浦より県北に行けば行くほど、一時間に3本程度になり、そのうち1本は特急扱いの電車になっています。
そのため、時刻表をあらかじめ調べて計画的に乗車するよう心がけたほうがいいでしょう。
一方で、上りに関しては水戸や日立などの主要駅は土浦より県北にいくほど特急の電車の本数が多くなっています。
これは、水戸や日立などの遠方からも通勤している方が多くいることが考えられます。
終電も都内よりは早いものの、21時すぎまで乗換なしで首都圏に帰る事が可能です。
福島県を含む東北になると、特急券を利用する電車でさえも極端に本数が少なくなるので、こちらは注意が必要です。
特に注意が必要なエリアは福島県のいわき駅から仙台までで、本数が一時間に1本ほどの少なさです。

常磐線の路線図、停車駅

常磐線は、首都圏では千代田線や成田線と直通運転し、日暮里から千葉県北西部、茨城県、福島県の太平洋側を経て宮城県までつなぐJR東日本の路線ではかなり長い路線として分類されています。
下りの始発は上野駅から始まり、普通列車では乗換なしで勝田駅までいくことが可能で、特急券を使用すれば、上野駅から高萩駅までいくことができます。
また勝田駅からは乗換なしで、福島のいわき駅までいくことができ、仙台までいくとなるといわき駅で乗換が必要になります。
上りの場合も普通列車を使用する場合は同様に、同じ常磐線内でもいく場所によって乗換が必要になる場合があるので、事前に調べて乗るほうがいいでしょう。
特に地方にいけばいくほど本数も少なく、乗換にかなりの時間を費やす事が想像できるので注意が必要です。
特急の場合は、本数が少ないものの地方から首都圏まで1本でつながって運行しているので安心して利用する事ができます。

上野駅
日暮里駅
三河島駅
南千住駅
北千住駅
綾瀬駅
亀有駅
金町駅
松戸駅
北松戸駅
馬橋駅
新松戸駅
北小金駅
南柏駅
柏駅
北柏駅
我孫子駅
天王台駅
取手駅
藤代駅
佐貫駅
牛久駅
ひたち野うしく駅
荒川沖駅
土浦駅
神立駅
高浜駅
石岡駅
羽鳥駅
岩間駅
友部駅
内原駅
赤塚駅
偕楽園駅
水戸駅
勝田駅
佐和駅
東海駅
大甕駅
常陸多賀駅
日立駅
小木津駅
十王駅
高萩駅
南中郷駅
磯原駅
大津港駅
勿来駅
植田駅
泉駅
湯本駅
内郷駅
いわき駅
草野駅
四ツ倉駅
久ノ浜駅
末続駅
広野駅
木戸駅
竜田駅
富岡駅
夜ノ森駅
大野駅
双葉駅
浪江駅
桃内駅
小高駅
磐城太田駅
原ノ町駅
鹿島駅
日立木駅
相馬駅
駒ヶ嶺駅
新地駅
坂元駅
山下駅
浜吉田駅
亘理駅
逢隈駅
岩沼駅




鉄道

Posted by tabibi