中央自動車道の特徴と路線図、IC、JCT、PA、料金所

2019年4月19日





これから中央自動車道を掘り下げていきたいと思います。

中央自動車道の特徴

中央自動車道は、東京から愛知県の小牧市を結ぶ高速道路です。
一番の特徴は、高速道路を走りながら、途中で富士山の絶景が見えるところで、晴れた日は富士山を眺めながらドライブすることが出来ます。

道路は片側が2車線区間が多く、街灯が暗めなので夜の運転は特に注意が必要です。
制限速度は大体80キロぐらいとなりますが、アップダウンも多いということを頭に入れておきましょう。

中央自動車道での楽しみには、景色の他にもサービスエリアがあります。
特に談合坂のサ-ビスエリアは有名で、名物の料理やオリジナルのお土産を購入することができます。

春の連休や秋の行楽日和の日などは、渋滞になることも多いので事前に良く情報を仕入れておくことをおすすめします。

中央自動車道の料金

高速料金にはETCを使った割引があります。
例えば東京の八王子から小牧北までは、通常料金では7430円かかりますが、夜中の0時から早朝4時までの深夜割引を利用すれば、5000円で小牧北まで行くことが可能となります。

これは電車利用に比べて割安な運賃だということが出来るでしょう。
また、休日の割引利用でも5000円になるので、家族でのドライブなどがリ-ズナブルな料金で可能となります。

途中の河口湖までは、通常料金で八王子から1970円、少し足を伸ばした諏訪までは3740円で行くことができるため東京から日帰りの家族旅行が簡単に実現します。
このように中央自動車道は途中に多くの見どころを擁しています。

上手に割引き料金を使う事で気軽に日常生活を離れて気分をリフレッシュさせてみてはいかがでしょうか。

中央自動車道の路線図、IC、JCT、PA、料金所

高速道路ナンバリングによる路線番号は「E20」が割り振られています。

大月JCT
都留IC
谷村PA
富士吉田西桂スマートIC
河口湖IC東富士五湖道路

最後に

旅行に行くときには、どのタイミングでどんな準備するのかが重要ですよね。
準備をしっかりすると、より楽しみながらイメージを膨らませることもできます。
ぜひこれからの旅行にお役立てください!
そして、事故の無いように安全運転でお願いします。



高速道路

Posted by tabibi