紀勢自動車道の特徴と料金

2018年8月24日





これから紀勢自動車道を掘り下げていきたいと思います。

紀勢自動車道の特徴


紀勢自動車道は三重県多気郡多気町の勢和多気ジャンクションから、三重県尾鷲市の尾鷲北インターチェンジへと移動できる三重県区間などが存在する自動車道です。
他の区間としては和歌山区間があります。
和歌山区間は和歌山県田辺市の南紀田辺インターチェンジから、同県の西牟婁郡すさみ町のすさみ南インターチェンジへと至ります。
三重県区間には奥伊勢パーキングエリアと紀北パーキングエリアがあります。
和歌山県区間には道の駅くちくまののみがあります。
これが実質的なパーキングエリアとなっていて、他にはないので休憩する際にはこちらを利用します。
上り線にのみ設置されているので上り線側でないと利用できませんが、一般道からも入ることが出来ます。

紀勢自動車道の料金


紀勢自動車道では紀伊長島から大宮大台までは710円で移動することが出来ます。
紀勢大内山からの場合は440円となります。紀勢大内山から大宮大台までの料金は310円となっています。
紀伊長島から尾鷲北、南紀田辺からすさみ南までは無料で通過できます。
最高速度は時速70㎞です。
ETCマイレージサービスに登録を行った状態で午前6時から午前9時、午後5時から午後8時までの間に入り口や出口の料金所を通過すると30%分の料金がキャッシュバックされます。
こういった実質的な割引でキャッシュバックされる回数には限りがあります。
詳しい情報を知りたいからはネクスコ西日本の公式ホームページをご覧になることをおすすめします。

紀勢自動車道

まとめ

旅行に行くときには、どのタイミングでどんな準備するのかが重要ですよね。
準備をしっかりすると、より楽しみながらイメージを膨らませることもできます。
ぜひこれからの旅行にお役立てください!
そして、事故の無いように安全運転でお願いします。