岡山駅で迷わない秘訣は?構内図、待ち合わせ場所を確認しよう!

2019年3月7日




岡山駅で迷わない秘訣は?

JR岡山駅は非常に多くの路線が発着する駅で、ここで乗り換えをする人が多いです。
山陽本線は東の姫路方面からここを経由して西方面の広島方面に向かいます。
また、ここから四国方面へも路線が延びていて、瀬戸大橋を観光で訪れる人もこの岡山を多く利用します。
さらに、ローカル線となる津山線や桃太郎線もここから路線が延びていますし、岡山から西側の倉敷を経由して山陰方面へ北上する伯備線の特急「やくも」も岡山駅で見ることが出来ます。
従ってこの駅で迷わないためには、行く前から多くの路線があることを知ったうえで、自分が乗り変えるホームが何番線なのかは事前に頭に入れておくことがおすすめです。
それでも迷ったら早めに駅員さんに聞くと良いです。

岡山駅の構内図

多くの路線が発着する岡山駅ですが、駅の構造はさほど複雑ではありません。
しかも在来線と新幹線のホームが隣接しているため、それらの乗り換えもスムーズに行うことが出来ます。
在来線のホームの番線は1番線から10番線まであります。
ただし、最も遠い1番ホームから10番ホームの列車に乗り換える際も、距離はさほど遠くないために乗り換えに多くの時間を要するといったこともありません。
また、多くの人が乗り変えるということと、特急列車や新幹線の待ち時間があるということで、待合室や売店、飲食店も駅構内にたくさんあります。
尚、岡山駅で接続する他の鉄道会社の路線は、路面電車である岡山電気軌道の1社みとなります。
これを利用して岡山城などに行く観光客も多いです。