松戸駅で迷わない秘訣は?構内図、待ち合わせ場所を確認しよう!

2019年3月7日




松戸駅で迷わない秘訣は?

松戸駅は千葉県松戸市にありますが、JR東日本と新京成電鉄の共通の駅となっています。
ここにはJR東日本の常磐線と新京成電鉄の新京成線が乗り入れており、接続駅となっていますが、それぞれのプラットホームは隣接していますので、割とほかの接続駅よりはわかりやすい部分があります。
したがって松戸駅で迷わないためには、落ち着いてどのような路線に乗る予定なのかを確認しておくことがたいせつです。
また松戸駅は北口と東口、西口がありますので、これらの位置関係についても把握しておくのが望ましいといえます。
特に東口や西口にある改札口のなかには駅ビルの施設内に含まれている部分がありますので、そのことも頭に入れておくとスムーズな移動ができます。

松戸駅の構内図

松戸駅の構内図を知りたいときには、JR東日本と新京成電鉄のそれぞれの公式ウェブサイトにアクセスをするのがいちばんです。
どちらにも接続する他社の路線を含めた全体図が掲載されています。
基本的に駅舎の1階部分にプラットホームがあり、2階部分が自由通路になっていると考えれば、松戸駅のだいたいの構造が把握できます。
この構内図のなかには改札口の位置はもちろんのこと、階段やエレベーター、トイレの位置なども記載されていますので、確認しておくと実際にいずれかの路線の電車に乗る場合に迷わずにすみます。
なおJRに関しては常磐線の快速電車と各駅停車の電車、上野東京ラインと分かれていますので、ホームの番号にも注意します。