【東京臨海高速鉄道】りんかい線の特徴と路線図、停車駅を攻略しよう!

2019年3月15日





これからりんかい線の路線図、停車駅についての記事を書いていこうと思います。

りんかい線の特徴

りんかい線は、東京都江東区にある新木場駅を起点として、都内の品川区にある大崎駅を終点とする東京臨海高速鉄道の路線です。
東京都の過密化に対応して新宿をはじめとするさまざまな副都心構想が策定されたなかで、臨海副都心も同様に位置付けられてテレコムセンターや東京ビッグサイトなどの大型の施設が整備されており、りんかい線はこうした施設に向かう上での旅客需要を担う路線となっているのが特徴です。
これからの時代にもりんかい線は大きな役割を果たすことが期待されており、2020年開催の東京オリンピックに関連して、選手やその他一般の観客の輸送という点から重要路線になっています。

りんかい線の路線図、停車駅

りんかい線の路線図を知りたい場合ですが、東京臨海高速鉄道の公式ウェブサイトのなかに、りんかい線の各駅・路線図と題するページがありますので、ここからパソコンなどを通じて手軽に閲覧することが可能です。
の図面のなかには標準的な区間の所要時間についても記入されているので、実際に利用する上ではたいへん便利です。
そのほかにもお台場地区のイラストが入ったマップも用意されていますので、ショッピングやイベント・スポーツなどでこのりんかい線を利用する場合には、一般的な路線図を確認するよりもわかりやすいといえます。

新木場
東雲
国際展示場
東京テレポート
天王洲アイル
品川シーサイド
大井町
大崎




鉄道

Posted by tabibi