【伊豆急】伊豆急行線の特徴と路線図、停車駅を攻略しよう!

2019年3月18日





これから、伊豆急行線の特徴と路線図、停車駅を説明します。

伊豆急行線の特徴

伊豆急行は、その沿線に観光地や温泉があるため観光客が利用しやすいことが特徴になります。
「ザロイヤルエクスプレス」導入したものそのような事情があるからです。
「ザロイヤルエクスプレス」は、列車への乗車をして食事が車内でとれます。
伊豆の旅館やホテル、観光が1泊2日のクルーズプランと、列車への片道乗車と車内での食事をセットにした「食事付乗車プラン」という2種類のプランを用意されています。
旅の一部に組み込むことができるようになっているのです。

伊豆急行線は、観光客の乗降がこの企画で増加する効果を狙っています。
プランとしては、首都圏の多くの観光客を呼び込める可能性を秘めた企画です。
プラチナとゴールドという2タイプのコースを用意して食事も内容を変えています。

伊豆急行線の路線図、停車駅

伊豆急電鉄には、4つの路線があります。
その一つが伊豆急行線になります。
伊豆急伊東駅から伊豆急伊豆高原までが伊東線になり、南伊東・川名・富戸・城ケ崎海岸が途中の駅です。
下田線は、伊豆高原から伊豆急下田までになります。南伊豆線・東伊豆線があります。

首都圏からは、JR東日本が伊東線に乗り入れを行っており特急踊り子が、伊豆急下田への観光特急として平日・土日休日の運行を行っているのです。
スーパービュー踊り子は、池袋・新宿・東京・品川・川崎・横浜・大船・小田原。
湯河原・熱海・網代・伊東を経て伊豆急行伊東線に乗り入れを行います。

首都圏での乗降を便利にしているので直接伊豆半島に入って観光が気軽にできるので路線として観光客の呼び込みができるようになっています。

伊東
南伊東
川奈
富戸
城ヶ崎海岸
伊豆高原
伊豆大川
伊豆北川
伊豆熱川
片瀬白田
伊豆稲取
今井浜海岸
河津
稲梓
蓮台寺
伊豆急下田
南伊豆
西伊豆
松崎




鉄道

Posted by tabibi