広島駅で迷わない秘訣は?構内図、待ち合わせ場所を確認しよう!

2019年3月7日




広島駅で迷わない秘訣は?

広島駅は広島市の中心となっている駅で、在来線は8つのホームがあり、新幹線は4つのホームがあります。
広島駅は中国地方ではかなり大きな駅となっていますが、広島駅で迷わない秘訣は、ズバリ改札口の名称を見ることです。
広島駅には5つの改札口がありますが、そのうち4つが2階にあります。
その4つの改札口の名称を見てみると、新幹線口、のりかえ口、中央口そしてASSE改札口となっています。
よって新幹線に乗りたい場合は新幹線口に向かえば良いですし、在来線の乗り換えをされる場合はのりかえ口に行けば問題ありません。
また中央口を利用すると文字通り広島駅の中心部に行けるのですが、そこから自由通路を抜けて外に出ることが出来ます。
お買い物をしたい場合はASSE改札口に行けばショッピングモールに連結しているので便利です。
地下に降りると連絡通路とホームへ通じる階段のみなので分かりにくいかもしれませんが、2階に向かえば迷うことなく目的の場所に到着出来るでしょう。

広島駅の構内図

広島駅は地下1階から3階まであり、1階に在来線が走っており、3階に新幹線が走っています。
地下1階は広島駅の北と南をつなぐ連絡通路となっており、1階へと続く階段のみとなっています。
1階は在来線のホームがあり2階へと続く階段が各ホームにあります。
また新幹線口のエリアに名店街やホテルが隣接しています。
このエリアは旅行客にとっては一番利用する場所とも言えるでしょう。
2階は広島駅の中では最もにぎわっている所となっています。
通路にはパン屋やドーナツ屋といった飲食店や、地元の自動車会社が宣伝用に置いている自動車が展示されているので、構内での待ち合わせにも最適です。
新幹線口に入るとお土産物屋も充実しており、2階は最も活気のある場所だと言えます。さらに隣接しているホテルへも2階から行くことが出来るので便利です。