恵比寿駅で迷わない秘訣は?構内図、待ち合わせ場所を確認しよう!

2019年3月7日




恵比寿駅で迷わない秘訣は?

恵比寿駅はJR線と東京メトロが乗り入れる駅です。
JR線は山手線・埼京線・湘南新宿ラインが停車し、東京メトロは日比谷線が地下に停車します。
両線を合わせると1日平均の乗車人員は20万人程度にも及び、混雑しやすい駅です。

同駅の西口方面には「アトレ恵比寿」という駅ビルが、東口方面には「恵比寿ガーデンプレイス」がそれぞれ展開しています。
訪問時にはこの方面を間違えないことが大切になります。
また、JR線同士の乗り換えはそれほど難しくありませんが、地下鉄との乗り換えは少し移動が必要です。
地下鉄乗り場はJRの西口改札を使うと便利という点を覚えておくと良いでしょう。

なお、わからないことは改札口付近にいる駅員に直接尋ねるとスムーズです。
駅員は電車の乗り換えやエリア情報に関しても把握しているため、思い切って問い合わせると迷わずに済みます。

恵比寿駅の構内図

恵比寿駅の構内図は駅の構内でも確認することができますし、JR東日本や東京メトロのホームページにも公開されています。
迷うことが心配な場合には、スマートフォンなどを使って予め確認しておくと良いでしょう。

恵比寿駅の構内図を簡単に確認しておくとJR線の乗り場は4番まであり、1番と2番乗り場には山手線が、3番と4番には埼京線と湘南新宿ラインがそれぞれ停車します。
例えば山手線から埼京線などに乗り換える場合には、階段などを使って移動することが必要となります。
一方、JR線から東京メトロに乗り換える場合には西口改札を出て左手に向かい、地下へと降りなければなりません。
東京メトロの改札口は地下1階、乗り場は地下2階となります。
したがって、乗り換えの時間も計算して移動することが望ましいと言えます。

恵比寿駅は駅自体の造りは決して複雑なものではなく、構内図を確認したり駅員に問い合わせればそれほど移動は難しいものではありません。
ただし、人通りがたいへん多いため注意が必要です。