六本木駅で迷わない秘訣は?構内図、待ち合わせ場所を確認しよう!

2019年3月7日




六本木駅で迷わない秘訣は?

六本木駅はヒルズ方面と東京ミッドタウン方面で、大きく分けられているのが特徴です。
改札口の方向が全く逆ですから、向かう方面を念頭に改札口を目指すのが、迷わない秘訣の一つです。
六本木ヒルズに出る為の改札口は、中目黒方面にありますから、この案内を目印に移動するのもありです。
逆に東京ミッドタウンは北千住なので、この方面に抜けられるルートを探すのが理想といえます。
迷いそうになったら駅構内図を探して、現在地と向かう場所を再確認すると効果的です。
構内図に目を通しても分からない時は、駅員に尋ねて教えてもらうと迷子が解決できます。
車両には改札に近い乗り口がありますから、予め確認して乗り込むと、迷う恐れやリスクが避けられます。
混雑しそうな場合は時間をずらして、空いている時に乗ったり移動するのもコツとなるでしょう。

六本木駅の構内図

六本木駅では、地上と地下を結ぶルートが二つあります。
一方は中目黒と北千住を結ぶ日比谷線で、もう一方は新宿方面を結ぶ交差するルートです。
前者は地下1階と2階で構成され、徒歩やエレベーターで移動できるようになっています。
地下1階部分は交差するルートと繋がっていて、お互いに行き来できる構造です。
新宿方面に向かうルートには、地下1階から7階まであるので、どちらかといえばこっちの方が迷いやすいでしょう。
しかし今いる場所と階数さえ分かれば、向かうべき目的地を導き出すことは簡単です。
複雑に入り組んでいるのは、各方面が交差している連結部分程度なので、あまり難しく考える必要はないです。
むしろシンプルに捉えて記憶や把握することで、迷わないルート探しの難易度が下がります。
迷いそうになったら確認して、階数や方向に間違いがないかチェックする、これが迷わない構内図の活用方法です。