浜松駅で迷わない秘訣は?構内図、待ち合わせ場所を確認しよう!

2019年3月7日




浜松駅で迷わない秘訣は?

浜松駅は、JR東海の駅ですが新幹線もこだま号ならば停車します。
またひかり号が停車することもあり新幹線を利用する人にとってはありがたい駅でしょう。
どちらかといえばJR東海は新幹線の方に力を入れていますので、在来線の方はあまり本数が多くないのが特徴になります。
ただ、通勤のことを考えるとやはりJRに関して言えば在来線の本数も増やしたいところですがホーム自体がそれほどないため限界があるでしょう。
そんな浜松駅で迷わないためには、構内図をよく見ておくことが大事になります。
基本的に北口と南口の通路のところさえ認識すれば、あとは下におりていくだけですので迷うことはないです。
少なくとも東京の新宿駅のような複雑さは浜松駅にはありません。
南側に近いのは、名鉄になりますが、JRに乗車する場合には北口の方の方がはるかに近いです。
いずれも階段をおりてホームに到着しますので、間違えないようにしましょう。

浜松駅の構内図

浜松駅の構内図を見ると、名鉄が2つのホームを利用しておりホームの番号は5番線から6番線になります。
これに対して、JRの在来線に関しては一番線から4番線を利用しており、わかりやすくなっています。
ちなみに一番線と二番線は静岡方面に向かう列車が到着しています。
これに対して、三番線と4番線は名古屋方面に行きたい人が乗る列車になりますので、間違えないように注意をする必要があるでしょう。もちろん、電光掲示板の案内がありますので、特に迷うことはないはずです。
新幹線ホームは改札が二つありますので別のところに行かなければなりません。
新幹線ホームは在来線と異なり改札口からエレベーターや階段をのぼっていく形になります。
ホームは一番線から4番線まであります。
ですが、すべての新幹線が止まるわけではありませんので、間違いないようにする必要があります。