郡山駅で迷わない秘訣は?構内図、待ち合わせ場所を確認しよう!

2019年3月7日




郡山駅で迷わない秘訣は?

郡山駅は、非常にわかりやすく出口が分かれていますからその特徴を捉えておけば間違えません。
東口と西口です。西口は、3つの出口で覚えれば迷いません。
タクシー乗り場がある西口タクシープール口、中央口は新幹線の乗換え口になります。
西口には、もう一つバスターミナルがあるバスターミナル口があります。高速バスなどの乗降口になるバス乗り場があります。
もうひとつ重要なのが、タクシープール口側に東西自由通路がありますから東西の出口を移動することができます。
東口には、エスカレーターで地上に降りられるようになっており、地上にはバス・タクシー乗り場があります。
郡山駅1F北口には、Sパル郡山のおみやげ店や食堂街になり朝8時から夜8時まで営業しています。
2Fは、生活雑貨やファッションなどの店があります。
Sパルと出口の特徴を把握しておけば郡山駅構内で迷うことはありません。

郡山駅の構内図

郡山駅の構内図を描いてみると乗降口は、各出口によってタクシー乗り場に通じていたり、新幹線乗換え口、バスターミナル口になります。
JR東日本のりば案内としては1番線ホームが、磐越西線で猪苗代・会津若松方面行きです。2番線・4番線は、東北本線の福島・白石方面行きになります。2番線・5番線は東北本線の白河・黒磯方面になります。
3番線は水郡線の磐城石川・水戸行きです。
6番線は磐城東線の三春・いわき方面です。12番線は、東北新幹線の仙台行きと山形新幹線の山形行きになります。
13番線は東北新幹線・山形新幹線の大宮・東京方面になります。
東京行きは11番線ホームを使う場合もあります。
郡山駅は、西口と東口があります。
西口タクシープール側に東西自由通路がありますから移動ができます。
在来線ホームは1階にありエスカレーター・階段でホームを下ります。
中央口側に北口があります。
エスパルが、3F建てで、1Fにお土産やカフェや食事をする店があります。
2F・3Fは、ファッションや雑貨のテナントが入っています。