東名高速道路の特徴と路線図

2018年9月29日





これから、東名高速道路の特徴と路線図を説明します。

東名高速道路の特徴

東名高速道路は、東京都世田谷区の東京インターチェンジから神奈川県と静岡県を経由し、愛知県小牧ICへ至る高速道路となっています。
アジアハイウェイ1号線の一部として知られており東名高速道路をうまく活用することで観光旅行や仕事で出張に行く際にとても役に立ちます。
新東名高速道路が開通されたことにより快適さがまし、渋滞が解消されていることも特徴です。
インターチェンジ間交通量は休日が最も増加し、全線にわたって交通量は一日に74000台を占めています。
実際に東名高速道路は地震や異常気象による通行止め箇所が存在しているためダブルネットワークを新東名高速道路とつなげることでもし万が一東名高速道路が通行止めになったとしても生活道路に流入することで交通麻痺を防ぐことができることが特徴です。

東名高速道路の路線図

東名高速道路の路線図に関しては料金ルート検索のドライブコンパスを利用することで、出発点と目的地のインターチェンジを直接入力する方法や、路線マップの上で直接選択を行うことも可能になります。
インターチェンジを入力する際に日時と車の種類や表示順を指定することで最短距離やかかる時間、高速料金などを事前に調べることができます。
実際に使用するのであれば誰しも抑えたい高速料金ですが、お得に利用したいのであればドライブコンパスは非常に役に立ちます。
また入力が面倒であるという場合は出発地と目的地を路線マップ上で直接行うという方法もあるため状況に応じて使い分けることができるようになっています。
東名高速道路の交通情報はリアルタイム交通情報から日本道路交通情報のサイトを確認することができるのでそちらでも確認することが望ましいです。

東名高速道路の路線図